前へ
次へ

iphone修理に関して知っておきたいポイント

iphone修理には、日頃から意識しておかないと料金を損したり、個人情報漏洩などのトラブルに遭う可能性のあるポイントがいくつかあります。
まず、そもそもの問題になりますが、故障した端末がiphone修理に出して直る状態かどうかをきちんと確かめましょう。
比較的多い故障内容は、落としてしまったことなどによる画面割れかと思われます。
このような部品の損壊は落下の衝撃度にもよりますが、ほとんどの場合、修理可能です。
これに比べて、本体そのものが曲がるような壊れ方や水没によって起動しなくなった場合は修理不能であることが多いです。
修理店によっては端末の状態を診断するだけでも有料になるところがあるので、土台修理が可能かどうか個人で判断できる故障レベルであれば買い替えを検討することも重要です。
また、Appleが認定しているiphone修理の正規修理店に依頼するにせよ、それ以外の非正規修理店に依頼するにせよ、データのバックアップは必ず取得するようにしましょう。
故障しているiphoneは正常な動作が期待できません。
修理の過程でデータが消える危険性は常にあるので、バックアップを取得しておくのが無難です。

先述したように、iphone修理を行なっている店舗として、Appleが認定している正規修理店とそれ以外の非正規修理店があります。
正規修理店のほうはAppleが公式に経営を認めている店舗ですので、iphone修理に使用される部品はすべてApple純正のものです。
このため、部品の交換が必要な修理の場合でも動作が保証されており、安心して依頼することができます。
また、当然ですがAppleがもつ豊富なノウハウも活かされたかたちで修理が行われるので、精度の高い修復が期待できます。
ただし、個人情報などプライバシー保護の観点と修理後のテストの精度を上げるため、修理に際してはほとんどの場合、本体のデータが消去されてしまいます。
このため、iphone修理を正規修理店に頼む場合にはバックアップの取得が必須となります。
これに比べて、非正規修理店では、可能であれば本体のデータは消去しないかたちで修理が行われます。
Appleが認定していないため、非正規修理店では純正以外の部品が使われています。
部品の動作は公式には保証されていませんので、できるだけ修理に関して保証契約を実施している店舗を選びましょう。

Page Top